Picoは、今春に行われた第85回ジュネーブ国際モーターショーにて、三菱自動車のブース製作に全力で取り組みました。知名度の高いこのショーには、68万人以上の来場者と、それをはるかに超え11,000ものメディアが押し寄せました。弊社は、その権威ある場でブースと展示車両の存在感が最大限に発揮されるよう、様々な工夫をこらしました。

特に、ラリーカーを急勾配の傾斜面にいかに安全に展示するかという難問に関しては、我々のグループ会社のフェアトランス・インターナショナルと連携し、エンジニアリングワークと立体構造計算により設置、同社ブースの工事、装飾を完了させました。