Pico activations at Expo 2020 Dubai

2021年10月に開幕したドバイ万博では、ピコが約20の国別、企業別、テーマ別のパビリオンの設計、建設、運営を担当しました。その中には、アルジェリア、ブラジル、カンボジア、コモロ、コンゴ、キューバ、チェコ、ジブチ、ドバイケア(UAEを拠点とする世界的な慈善団体)、エチオピア、グレナダ、ジャマイカ、マレーシア、マルタ、モザンビーク、ペルー、セイシェル、ウガンダ、英国のパビリオン、中国パビリオンではSAICモーター、タイパビリオンではPTTなどのパビリオンが含まれています。ピコはオーバーレイと案内表示のパッケージに加えて、ドバイ展示場の仮設構造物や万博会場内の小売店の内装工事も行いました。また、万博の6ヶ月の会期中に500以上のイベントの運営を任されました。ドバイ万博は、30年にわたる万博経験の中で、ピコチームが携わった最大の案件でした。

exhibition

アルジェリア
アルジェリア・パビリオンの来場者は、ピコのインテリア・フィットアウト・サービスを利用して「Voyage of Life(人生の航海)」に出航することができます。モビリティ・ディストリクトに位置するこのパビリオンは、アルジェリアの豊かな文化、歴史、そして明るい未来へのゲートウェイとして設計されました。
このパビリオンは「展示デザイン」部門で銀賞を受賞しました。同パビリオンは、国際博覧会事務局(BIE)が主催する「Expo 2020 Dubai Official Participant Awards」の「Exhibition Design: Self-built pavilions - Category C (smaller than 1,750㎡) 」において、銀賞を受賞しています。

ブラジル
ブラジル館は、周囲全てのプロジェクションにより「ウォーターフロア」を特色とし、来場者がまるでアマゾンの熱帯雨林いるような環境をつくりました。ピコはパビリオンの建設と全日程での運営を担当しました。
ブラジル館は、EXHIBITOR MagazineのWorld Expo 2020 Awardsの「Best Elements/Details (Exterior Membrane)」カテゴリーでHonourable Mentionを受賞しました。

カンボジア
カンボジアパビリオンは、来場者がカンボジアの色彩豊かな古代遺産から持続可能な未来まで、時を超えた旅に出ることができます。ピコは、この豊かな没入体験のための装飾とセットアップを提供しました。
このパビリオンは「エキシビション・デザイン」部門で銀賞を受賞しました。同パビリオンは、国際博覧会事務局(BIE)のExpo 2020 Dubai Official Participant Awardsにおいて、「テーマ別地区パビリオン-サステナビリティ」部門で銀賞を受賞しました。

中国パビリオンのSAICモーター
中国パビリオンでは、中国で開発・製造された最先端技術を発表しました。また、バイオ・インテリジェント・インタラクションなど、スマートモビリティの未来を予感させる先進の機能を搭載した最新の自立型新エネルギーコンセプトカー「KUN」も公開されました。ピコはクリエイティブなディスプレイ、インタラクティブ・マルチメディア、ビデオ制作、現場施工サービスを提供し、万博で「KUN」とSAICのモーター・イノベーションにスポットライトを当てることに貢献しました。

コモロ
コモロパビリオンは、花の持つパワーで万博内でも最も活気のある存在となりました。サステナビリティ地区にあるこのパビリオンは、リサイクルプラスチックで作られた神秘的な動物や、イランイランの香りを漂わせ、来場者の探究心をくすぐるものとなりました。ピコはこのユニークなパビリオンのアート、テーマ設定、内装工事を担当しました。

コンゴ共和国
オポチュニティ・ディストリクトに位置するコンゴ・パビリオンは、世界の低地ゴリラの半数が生息する大自然をはじめ、エコツーリズム、食の楽しみ、投資機会、そしてこの巨大な中央アフリカの明るい未来について紹介しました。ピコは、この魅力的なパビリオンの実現に貢献しました。

キューバ
キューバパビリオンに足を踏み入れた瞬間、来場者はまるでハバナの街を歩いているかのように、活気あるキューバ文化に深く浸ることができます。ピコは、このパビリオンの活性化のために展示構築と内装工事を行いました。このパビリオンは、来場者に「オールドキューバ」の垣根を超えて、この国の現代の変貌を学んでもらうことを目的としました。

チェコ共和国
チェコ共和国パビリオンは、「SAWER(Solar Air Water Earth Resource)システム」と呼ばれる、空気中の水分を抽出し、砂漠を肥沃な土地に変える独特の頭上パイプなど、革新的なサステイナブル技術で来場者を驚かせました。ピコは、パビリオンのテーマである「チェコの春」を盛り上げるため、ファサード工事、内装工事、造園工事を担当しました。

このパビリオンは、EXHIBITOR MagazineのWorld Expo 2020 Awardsの「Best Use of Technology (SAWER System)」カテゴリーでHonourable Mentionを受賞しました。

ジブチ
ジブチ国立大学の学生のオリジナルコンセプトから生まれたジブチ・パビリオンは、輸送用コンテナをモチーフに、「貿易と出会いの国」を表現しました。ピコは、ジブチの豊かな伝統と未来の野望を来場者に伝えるために、パビリオンの展示構築、内装工事、アートとテーマサービスを提供しました。

ドバイ ケアーズ
ドバイケアーズパビリオンの「The Future is Human」は、万博のオポチュニティ地区における主要なアトラクションのひとつでした。あらゆる年齢層の来場者が、教育の力を体感し、分断と適応の未来に備える方法を学びました。ピコは、2階建ての1,000㎡のパビリオンを設計・建設しました。

エチオピア
エチオピア・パビリオンは、アフリカ最古の国のひとつであるエチオピアの遺産、文化、未来を探訪する機会を提供しました。ピコは展示構築、内装工事、アートとテーマによりパビリオンを盛り立て、人類の起源から現代までの継続体験を来場者に提供しました。

グレナダ
グレナダ・パビリオンでは、「スパイスの島」を巡るカラフルなツアーが行われ、島で最も人気のあるスパイス、ナツメグの巨大なレプリカに迎えられ、グレナダのリラックスしたライフスタイル、静かな海、ホスピタリティを表現したインテリアを体験できました。ピコは、グレナダの豊かな歴史と文化を紹介するために、展示構築、内装工事、アートとテーマ設定のサービスを提供しました。

ジャマイカ
ジャマイカのリズムが湧き上がるように、ストリート・パーティーのような雰囲気をジャマイカ館にもたらしました。パビリオンの大部分には世界中から集められた輸送用コンテナが使用され、国際物流の中心地としてのジャマイカを象徴しました。ピコは、その活気あるジャマイカの精神を盛り立てるために、展示構築、内装工事、アート、テーマ設定などのサービスを提供しました。

マレーシア
「Energising Sustainability」をテーマにしたマレーシアパビリオンは、ツリーハウスをイメージした外観で、ネット・ゼロ・カーボンの取り組みを行いました。ピコは、建物工事、土木工事、機械・エンジニアリング工事、造園工事を担当しました。

マレーシア館は、EXHIBITOR MagazineのWorld Expo 2020 Awardsの「Best Sustainable Design」部門でHonourable Mentionを受賞しただけでなく、「Theme Interpretation」部門で金賞も受賞しました。また、国際博覧会事務局(BIE)のドバイ万博公式参加者賞では、「テーマ解釈:自作パビリオン-カテゴリーC(1,750㎡以下)」部門で金賞を受賞しました。

マルタ共和国
オポチュニティ・ディストリクトにあるマルタ・パビリオンを訪れる人は、この島のユニークなアイデンティティの核心をなす波打つエネルギーを体感することができることでしょう。ピコは、このパビリオンのインテリアデザインと施工を担当し、マルタの人々との深い繋がり、芸術的なコミュニティ、文化の奥深い影響を来場者に魅力的に伝えています。

モザンビーク
モザンビークは「未来を第一に考える」という公約を掲げており特に有意義な体験をすることができました。また、モザンビークの豊かな伝統は、伝統的なプリントを使った凧のインスタレーションで表現されています。ピコは、このパビリオンの内装工事とアート&テーマサービスを提供しました。

ペルー
ペルーパビリオンは、この国の文化の多様性、豊かさ、古代の知恵を知る旅に連れて行ってもらえるような表現にしました。ピコは、ストーリーテリング、コンテンツ開発・制作、展示デザイン・制作、建設、オペレーションサービスなど、その盛り上げに貢献しました。

このパビリオンは、EXHIBITOR MagazineのWorld Expo 2020 Awardsで「ピープルズチョイス賞」を受賞し、「展示デザイン」では金賞を受賞しています。また、国際博覧会事務局(BIE)の「Expo 2020 Dubai Official Participant Awards」では、「Exhibition Design: Self-built pavilions - Category B (between 1,750㎡ and 2,500㎡) 」で金賞を受賞しています。

セーシェル
セーシェルパビリオンは、まるで宝探しのようなパビリオンでした。セーシェルの素晴らしい自然美と生き生きとした歴史を発見することができました。ハイライトは、2018年にセーシェルが開始した持続可能な投資を支援する革新的な方法である世界初のソブリン・ブルーボンドの展示でした。ピコは、パビリオンのインテリア・フィットアウトとアート&テーマサービスを提供しました。

ウガンダ
ウガンダ・パビリオンは、夏の終わりのなき国、素晴らしい自然の風景、そして良好なビジネス環境に浸ることができるパビリオンでした。ピコはこのパビリオンの展示構築、内装工事、アートとテーマのサービスを提供し、アフリカの冒険とブウィンディのゴリラをARを通して間近に見ることができました。

イギリス
オポチュニティ・ディストリクトに設置されたスティーブン・ホーキング博士にインスパイアされたUKパビリオンは、「Innovating for a Shared Future」をテーマとし、持続可能な解決策を促進するためのリーダーシップに焦点を当てました。来場者は、高度な文明を持つ宇宙人に向けて、自分なりのメッセージを考えていました。ピコは、マクラーレンとともに、この3,417㎡の建造物のオフィシャルコンストラクションパートナーに指名されました。

ACTIVATE YOUR BRAND NOW