PATEO ショールーム

2009年に設立されたPATEOは急速に成長し「コネクテッドカー」テクノロジーのアジアでのリーダーになりました。

南京江北新区産業技術研究所はイノベーションパークは1200平方メートルの敷地を誇ります。

PATEOショールームは従業員の企業文化と今日会社を巨大な企業へと発展させたテクノロジーのショーケースとして作られました。

curate

インサイト

デザインが進化するにつれて、プロジェクトチームは、スペース自体がPATEOのストーリーを伝えていると確信しました。

「究極の品質」、「究極の体験」、「究極の相互作用」を備えた製品を提供するというブランドの哲学は、洗練された、流線の未来的な建築です。

オープンスペースと鏡面の壁は、無限の空間の感覚と無限の可能性を生み出します。

ショールームの実際のコンテンツは、実質的でインタラクティブであり、そして建築に近く、バーチャルとフィジカルを組み合わせた体験を生み出すことが可能です。

ソリューション

ピコは、制御ソフトウェア、ビデオ、サウンドエフェクトの概念化、設計と構築、インストール、制作など、幅広いサービスを提供するために任命されました。

未来的でエレガントなショールームは、 「Prologue」、「Innovation」、「PATEO’s core」、「Service Experience」、「Internet of Everything」、「Future of Automotive」などさまざまなテーマのエリアに分かれておりそれぞれが対応するインタラクティブな体験を提供します。

ピコチームは可能な限り、 PATEO独自のテクノロジーをエクスペリエンスに組み込み、ユーザーに彼らの働き方の「リアル」感を提供しました。

その中の1つの体験では、ユーザーが音量の調整機能がありジェスチャーコントロールを備えた半密閉型の車のキャビン内に座り窓を上げ下げしたり照明で光の空間を体験することができます。

一方、「Internet of Everything」エリアでは、リビングルーム、キッチン、ラウンジの設定にあるスマートアプライアンスが制御されるため、車の中にいる

来場者は自分の車と家をどのようにつなげることができるかが体験できます。また別の興味深い経験としては、来場者は「モバイルストア」にアクセスできるという点が挙げられます。

バンのようなバーチャルモデルを使用して、食料品や理髪店などのさまざまな店舗サービスをオンデマンドで顧客に提供するシミュレーションができます。これらをお試しいただいた来場者には後ほどプレゼントを差し上げます。

クライアント コメント

「私たちはこのショールームに非常に満足しています。 ブランドの一貫性を維持しながら、整理されたユーザーフレンドリーな方法で膨大な数のコンテンツを表示します。私たちは細部と高い職人技の基準を保持しており、Picoチームは専門知識でそれを十分にそれを達成しました。

また、Picoの助けを借りて作成されたバーチャル/フィジカルなインタラクティブな体験で、ターゲットオーディエンスはPATEOの革新的で没入型の我々の新しいテクノロジーを
十分に体験することができました。」

上海PATEO電子機器製造株式会社博物館 プロジェクトディレクター  タンジーXU

ACTIVATE YOUR BRAND NOW