OPPO at ChinaJoy 2021

毎年開催される「China Digital Entertainment Expo and Conference(ChinaJoy)」は、デジタルエンタテインメント業界の真のメガイベントの一つです。

ゲーム、アニメーション、esportsの世界から最新の製品や技術が一堂に会し、若い観客にとってはたまらない魅力を持つ展示会です。

2021年版は、7月から8月にかけて、上海新国際博覧センターで開催されました。

ピコは今回もOPPOの委託を受け、デザインと構築、イベント管理、ブース運営などのサービスを提供し、同ショーでのブランドプレゼンスを活性化しました。

activation

インサイト

OPPO社が特に目指したのは、最新のトレンドに敏感な若い消費者を惹きつけることでしたが、ChinaJoyのような広大な会場では、斬新な技術や製品、ゲームが延々と展示されており、簡単なことではありませんでした。解決策は、「おもちゃ工場」と呼ばれるブースで、一連のテーマに沿った体験や夢中になれるアクティビティを提供することでした。さらに、人気アニメ「Case Closed」やモバイルゲーム「League of Legends」の要素を取り入れたアトラクションも用意しました。

ソリューション

OPPO Toy Factory」をテーマにした690平方メートルのブースは、鮮やかな蛍光グリーン、ダークグレー、シルバーを基調としたシンプルなレイアウトで、来場者の目を引く印象的な空間となりました。

メインステージでは、様々なゲーム対戦やパフォーマンスが行われ、会場は活気にあふれていました。また、「Case Closed」と題した展示では、OPPO製品をテーマにしたミニ脱出ゲームに来場者が参加しました。参加者は、限定品の展示やアニメの名場面の背景に隠されたチェックインポイントで手がかりを探し、時間との勝負に挑みました。謎解きの正解・不正解によって、さまざまな特殊効果が発生しました。また、「Case Closed」ゾーンでは、カスタマイズされた携帯電話やその他の限定商品が実際にお披露目され、ファンが絶えない空間となりました。

また、コロッセオをイメージした「League of Legends」では、17種類のゲームが用意され、携帯電話を使ったチェックインや、巨大なクロー・クレーンなどのインタラクティブな体験ができます。抽選会では、プレゼントが当たるチャンスもあり、満足感を得て帰宅することができました。

ACTIVATE YOUR BRAND NOW